長野大学 高木潤野研究室 信州かんもく相談室
長野大学 高木潤野研究室 信州かんもく相談室
長野大学高木研究室は、家では話せるのに学校等の社会的な状況で話せなくなってしまう「場面緘黙」を専門に研究しています。
長野大学 高木潤野研究室の紹介

長野大学
高木潤野研究室の紹介

長野大学高木研究室は、家では話せるのに学校等の社会的な状況で
話せなくなってしまう「場面緘黙」を専門に研究しています。

場面緘黙は幼児期から症状が見られることが多く、近年の研究では小学生で500人に1人程度の割合でいると考えられています。早期からの適切な支援や介入によって、症状を改善させることができます。
しかし、「子どもの病気」という誤解や、周りに迷惑をかけない・教師が困らないといった理由から適切な対応が得られないまま放置されてしまうこともあり、中学生・高校生や成人になっても緘黙症状が残る人もいます。
現在高木研究室では、場面緘黙の実態解明と効果的な介入手法の確立のための大規模な縦断的調査に取り組んでいます。
研究にご協力いただける方は「研究へのご協力」からご連絡ください。

信州かんもく相談室について

信州かんもく
相談室について

長野大学高木研究室では、「信州かんもく相談室」として
子どもの場面緘黙の相談をお受けしています。

相談お申し込み、講演の依頼、
取材依頼等はこちらから

※ 電話でのご相談は
お受けしておりません

お問い合わせフォーム

SNS

信州かんもく相談室
公式アカウント

信州かんもく相談室
アクセスマップ

〒386-0018
上田市常田2-21-3 レジデンス常田101

>GoogleMapで地図を見る

駐車場について

相談室には駐車場がございません。
近隣のコインパーキングをご利用ください。
「海野町パーク駐車場」からは徒歩約3分です。

このページのトップへ